2011年 社屋前のアイスキャンドル 神 正人

2月2日(水)

今日、社内会議の一時間前に毎年恒例の社屋前アイスキャンドルを社員で設置しました。

アイスキャンドルの器は2週間前から社員が作ってくれました。

設置早々、お隣のKさんの奥様より『今年も綺麗ね』の嬉しい言葉を頂きました。

 

コピー 〜 DSC09216.JPGコピー 〜 DSC09210.JPG

コピー 〜 DSC09213.JPG

コピー 〜 DSC09219.JPGコピー 〜 DSC09220.JPG

 

来年はアイスキャンドルの数をもっと増やしてみようかな!!

 

コピー 〜 DSC09211.JPG氷点下の中、器作りをしてくれた社員達に感謝です。

 

 

 

 

 

 

AT-WALL研修会  三木貴志

2月2日(水)

研修会-1(三木).jpg研修会-2(三木).jpg

 

先日、外壁メーカーの講習会に行きました。

窯業サイディング三辺合じゃくりの外壁材で、シーリングレス工法(シーリング無使用)を可能にした商品の説明会でした。

まだ改良するところもあるそうなのですが、是非使ってみたいと思いました。

 

融雪剤と渋滞の因果関係? 神 正人

2月2日(水)

積雪寒冷地では凍結防止の為、融雪剤(塩化カルシウム)を道路にまくケースがよくあります。

最近では塩化マグネシウムも使用されているようです。

特に高速道路では大量の融雪剤をまいています。

塩化カルシウムのため車には良くありませんが、効果の程は上々で走行しやすいようです。

しかし一般道ではというと逆に滑りやすい感じがします。

融雪剤をまく量の問題なのか? 圧雪路に比べて滑りやすく、車線変更にも皆さん、苦労しているようです。

 

融雪剤をまくと道路の状態はこのような感じで、雪の下がアイスバーンの為、融雪剤と雪が混じると雪がサラサラ、スベスベになり、タイヤが路面をグリップしずらい状態になります。

コピー 〜 DSC09195.JPGコピー 〜 DSC09196.JPG

 

 

同じ道路を時間帯をずらして走行してみましたがどちらもノロノロ状態。

コピー 〜 DSC09194.JPGコピー 〜 DSC09197.JPG

 

塩化カルシウムに変わる、車にもドライバーにも、特に環境に優しい融雪剤が開発されるとありがたいですね。

 

▲このページTOPへ
img_contact.gif