産学官連携で時代の『先を読む!』 神 正人

2月24日(木)

一昨日、北海道大学教授の荒磯先生を招き、同友会の北地区2月例会を北海道産学官協働センター(コラボほっかいどう)で行いました。

題目は産学官連携で時代の『先を読む!』 北海道の可能性とチャレンジ !

 

イノベーションから産と学のギャップ等、そして中小企業の手でどのように産業クラスターを起こしいくかを分かりやすく説明をして頂きました。

 

コピー 〜 DSC09482.JPGコピー 〜 DSC09489.JPG

 

産学官が一体となって新たな産業創出、需要創出をすることによって国の活性化に繋げたいですね。

 

余談ですが、産学官のギャップを埋めるため、またセミナーの参加者が参加したことへの意識を高めるために『必殺手つなぎ万歳』(セミナーの最後に産学官の人たちが手と手をつないで万歳をする)で効果がでているようです。

二次会では北地区の次期副会長のSさんから「神さん、必殺手つなぎ万歳をやるでしょう?覚悟しときます」との言葉が・・・ (笑)

 

▲このページTOPへ
img_contact.gif