S.O.Dリキッド工法

シックハウス対策-HOME

S.O.D LIQUID工法のご案内 


この度、当社でS.O.D LIQUID工法を施工出来るように

なりましたのでご案内申し上げます。

S.O.D LIQUID工法って何?!

S.O.D LIQUID工法とは室内の様々な有害物質(ホルムアルデヒド・TVOC・悪臭物質 有害電磁波等)により酸化された私達の体を遠赤外線エネルギーにより改善し、快適な環境を作ります。

 遠 赤 外 線    

マイナスイオン

坑 酸 化 作 用 

                       ↓                

体 に 優 し い 抗 酸 化 空 間 の 作 成



どのように有害物質を分解するの?!

 有害物質が氾濫している現在の空間

 

 S.O.D LIQUIDを壁・天井・床・カーテン・家具等の表面に塗布

 

 S.O.D LIQUIDを塗布した面から遠赤外線の育成電磁波

※1が空気中に放出される

  

 空気中の水分が遠赤外線エネルギーを吸収する

  

 水に起因する二つのイオン※2が生成される

  

 ヒドロニュウムプラスイオンは、すぐに水素と水に分解される

(水は蒸発、水素は空気中の水素と結合して水素ガスとなり

気化して無くなる。)

  

 ヒドロキシルマイナスイオンは、安定して空気中に存在し

有害物質を水和化して除去する

 

体に優しい抗酸化空間の出来上がり


※1・・・育成電磁波とは、遠赤外線波長614uの事で、植物の育成から動物の健康維持や体力増進に無くてはならないもの。

※2・・・二つのイオンは一つはヒドロニュウムプラスイオンもう一つはヒドロキシルマイナスイオンの事。

 S.O.D LIQUID工法は特許取得工法の為安心!!

<特許第3741971>



※S.O.D LIQUID工法は国土交通省の新技術情報提供システム(NETIS)に『有害化学物質を分解する透明塗料』として登録されています。

登録番号:HK-040008  URL http://www.kangi.ktr.mlit.go.jp/kangi

補足ですが・・・

S.O.D LIQUID工法は、愛知万博の長久手日本館にて、日本を代表する環境工法として採用・施工されました。

時間の経過とVOC濃度の変化

(澄川地区センター・化学物質濃度測定結果より/報告書)

時間の経過とVOC濃度の変化

平成16年2月 可児工業高校[課題研究室]の測定結果

2月3日施工前測定 2月4日S.O.D LIQUID工法施工 2月5日施工1日後測定

2月8日施工4日後測定



簡単に説明すると・・・

 SOD

こんなに簡単にシックハウス対策が出来ちゃいます♪

当社試験データ  

試験体:バナナ(市販) 試験期間 : 2007年5月17日6月13日(26日間)

試験目的:坑酸化処理された容器とそうでない容器にバナナを入れて、酸化する過程を比較する事を目的とする。

実験開始
抗酸化(バナナ)07.5.18 17:30.JPG

2007年5月18日 (1日目)

左がS.O.Dリキッド工法散布、右は未処理

実験結果 

抗酸化比較(バナナ)07.5.28 19:45.JPG

2007年5月28日 (11日目)

左がS.O.Dリキッド工法散布、右は未処理 

抗酸化(バナナ)比較07.6.13 20:15(27日目).JPG

2007年6月13日 (26日目)

右がS.O.Dリキッド工法散布、左は未処理  

抗酸化(バナナ)07.6.13 20:15.JPG S.O.Dリキッド工法散布 
抗酸化無(バナナ)07.6.13 20:15.JPG 未処理
 

 

空気が違うリビング

空気が違うリビング 新築工事では空気を洗浄するS.O.Dリキッド工法をサービスしております。また、リビングは健康塗壁材(ダイアトーマス)を使用しました。ご来客から「新築の嫌な臭いがないね」と言われると、施主様も喜んでいらっしゃいます。
→続きを読む

ラーメン構造の一階基礎構造

外観 【外観】
抗酸化工法(S.O.Dリキット工法)による健康住宅です。
(当社標準仕様)
→続きを読む

家づくりのこだわり

当社は伝統の工法を守りながら、最新の住まいづくりの技術についても常に研鑽を惜しまず、施主様のご希望をかなえるため、努力してまいります。

■ 提案力
● 予算に合わせて最適のコストパフォーマンスプランを
ご家族のライフスタイル、将来設計、敷地条件などプランニングで考慮することはたくさんあります。良いアイディアでコストを抑え、しかも良質のプランをご提案いたします。

● 高気密・高断熱・高耐震住宅<スーパーウォール工法>のご提案
スーパーウォール工法 すぐれた高気密・高断熱・高耐震性能を実現したスーパーウォール工法をお選びいただけます。スーパーウォール工法で建てた住宅は保温性が高く、冷暖房の効率を高めるので、夏涼しく、冬暖か。さらに耐震・耐久性にも優れた住宅です。次世代省エネ基準にも適合します。
スーパーウォール工法のホームページ
スーパーウォール工法住宅構造図
スーパーウォール工法住宅
構造図
<スーパーウォール工法の高性能な住みごこち>
[1]温度差が小さい
一年を通して快適な環境を維持できます。また、保温性が高く冷暖房効率がよいので、部屋の上下の温度差が小さく快適です。

(注) ここに掲載しましたデータは、一定の仕様・条件下での測定の一部であり、住宅の仕様、生活スタイル、立地条件、測定条件等によっては、異なった値となる場合があります。
[2]地震や台風に強い
独自のパネル構造で耐震性・耐風性を高めています。永く安心して暮らせる、耐久性があります。

充分な耐震性を得るためには地盤にあわせた基礎工事の必要があります。建築時に当社と十分に打ち合わせの上、ご確認ください。
[3]音が静か
家全体の気密性が高いので、外からの騒音を低減します。室内からの音漏れも抑えます。
[4]空気がきれい
外からの空気を常に取り入れ、室内の汚れた空気を排出し、室内の空気のよどみが少ない。
[5]省エネルギー
スーパーウォール工法の住宅は保温性が高いので、暖房を停止しても温度の低下はゆるやか。暖房を再び開始して快適な室温にするまでのエネルギーも少なくてすみます。

■ バリアフリー
● バリアフリーという考え方を大切に
いつまでも快適に生活できる家のために大切なのが、バリアフリーの発想です。全ての家族、お客様に使いやすい家こそ理想的といえます。私達は豊富な知識と経験で、バリアフリーの住まいをご提案いたします。

● 手すりの設置
安全に移動や立ち上がりができるよう、階段、廊下、玄関、バスルーム、トイレなどの適所に手すりを設置し、体にかかる負担を最小限にする、人に優しい住宅をご提案いたします。

■ 耐震性
● 軽くて丈夫な構造
木は鉄に比べ、重さあたりの引っ張り強度で約3倍、曲げ強度で16倍もの強さがあります。地震の振動エネルギーは建物の重さに比例して大きくなるので、軽さ、強度で優る木の柱と梁で骨格を作り上げた在来軸組工法は地震国日本に最も適した住宅といえます。

● 構造用金物の使用
地震の際には構造体に強い引き抜き力がかかります。構造強度をさらに高めるために、当社では耐震金物を随所に使用しています。これにより、基礎、土台、建物が強固に一体化し、地震などの外力に対し強度を保ちます。

■ 木造軸組工法
● 木造軸組工法の良さを生かして
日本の気候に合った伝統工法、木造軸組工法。当社は木のぬくもりを直接感じることができ、設計柔軟性に優れ、軽くて丈夫な構造のこの木造軸組工法で、お客様の家づくりの夢を実現いたします。

■ 快適性
● 高性能断熱サッシを採用
当社では断熱性能が高く省エネ効果の大きい高性能サッシを採用しています。空気層のある複層ガラスとあいまって、冷暖房費を大幅に節約できます。冬の嫌な窓の水滴(結露)も抑えられます。

■ 安心の保証体制
● 地盤保証
地盤保証 地盤の強度を調査し、最適な基礎仕様あるいは地盤改良のご提案をいたします。それでも万が一、不同沈下で建物が損傷した場合に、その補修費用などを一事故につき、最高5,000万円まで、引渡し日より生涯(10年更新)の保証をする安心の保証システムです。
※更新時には新たに再調査費用が発生します。
● 建設工事総合補償保険に加入
建設工事総合補償保険に加入 当社は建設工事総合補償保険に加入しており、工事中の事故・災害による損害や施工が原因の引渡し後の損害を補償できる体制をとっています。万が一のときにもけっしてお客様にはご迷惑をおかけすることはありません。

家づくりのステップ

ご相談から、アフターサービスまで。
あなたの街の当社ならではの住まいづくりをご提案します。
家づくりには、設計プランやインテリアコーディネート以外にも建築法規や登記、資金計画、地鎮祭や引越しなど、さまざまな手続きが必要です。
私たちは長年の建築実績で培ったノウハウであなたの家づくりをトータルにサポートします。

ご相談 住まいのイメージを具体的に教えてください。
敷地・地盤調査 敷地を有効に活用するために、立地や道路状況、法的規制などの面から調査を行います。また地盤は家の強度に最も影響します。当社では全ての物件に地盤調査を行い、最適な基礎仕様・地盤改良をご提案いたします。
敷地・地盤調査
プラン
打ち合わせ
住まいへの夢をお聞かせください。どんなワガママでもけっこうです。最適なプランをご提案します。資金計画のこともご遠慮なくご相談ください。
ご契約 建築工事請負契約を締結します。
仕上げ
打ち合わせ
着工前の打ち合わせを行います。床、壁などの内装材の色、柄を決めていきます。
着工 工事中の安全や末永い加護を願う地鎮祭を行ったら、いよいよ着工です。
上棟 骨組みの組み立てが終了すると、上棟式を行います。最近は、簡素に行うことが通例です。
上棟
竣工 竣工の検査に立ち会いをお願いします。
図面通りにできているかご確認ください。
お引渡し・
ご入居
さあ、新しい生活の始まりです。住まいのメンテナンスや器具などの取扱説明を行います。これから末永いおつき合いをお願いします。
T様邸
アフター
フォロー
定期点検はもちろん、万全の体制を整えております。
何でもご相談ください。

株式会社神建設工業のご案内

当社外観 地域に合わせた暮らし方を考えてゆとりとくつろぎの住まいを提案します。
地域に根ざし、地域の住宅事情を知り、人と人とのつながりを大切にし、きめ細やかな対応のできる地場ビルダーの私たちは、地域特性に最適な住まいを提案します。地域に密着し、施主様に身近な私たちだからこそ、十分納得いただける快適な住まいづくりを提案していける。
私たちは、そう考えています。

■ 会社案内
商号 株式会社 神建設工業
代表者 神 正人
創業 昭和48年4月
社員数 33名(内、技術職21名)
事業内容 一般建築業、外装事業
免許・許可登録 一般建設工事 北海道知事許可(般-48)石 第1076号
二級建築士事務所登録北海道知事許可(石)第2748号
資本金 1,000万円

■ 経営理念
私達は、仕事を通してお客様に安心と幸せを感じていただけるよう
常に創意工夫し気配りを怠らず、行動する事により社会に貢献し、
その結果が自己の確立と幸せを感じる集団でありたい。

■ 行動心得
私達は、 お客様の満足とは何かと常に考え行動します 。
私達は、 目標を常に持ち、向上心と今までにない発想を創出し、
強い意志で達成を目指します。
私達は、 市場、環境の変化を敏感に先取り迅速に果敢に
行動します。
私達は、 お客様の要望に対し、応える為の努力を惜しみません。
私達は、 責任転嫁と言い訳をしません。
私達は、 笑顔を絶やさず、すべての人に感謝の気持ちを
忘れません。
私達は、 仲間を信頼し、共有、共感、共鳴できるよう努力します。

■ 沿革
昭和48年4月 神建設工業 創業
昭和54年1月 株式会社神建設工業として法人化
平成5年6月 二級建築士事務所登録(石)第2748号
平成6年5月 外装事業部設立
平成15年11月 日本住宅保証検査機構登録(JIO)A1000336
平成18年4月 (株)NAC GRANDPLA SYSTEM 導入
平成20年2月 第18回TH大賞 敢闘賞受賞
平成20年4月 ブランドネーム ホームサポート

■ アクセス
〒001-0931
住所:北海道札幌市北区新川西1条3丁目7番5号
TEL:011-764-3255  FAX:011-764-9455

map2.gif

お問い合わせ

  • 下記フォームに必要事項を入力して「送信」ボタンを押してください。
  • 送信できない場合は、下記事項をメールに記入して<home@jin-ci.co.jp>までご送付ください。
  • ご連絡いただいた情報は、お問い合わせに関するご連絡および個人を特定できない統計データとして利用いたします。これ以外の目的で利用したり、第三者に提供もしくは預託することはいたしません。
CIMG2924.JPG
目的
お問い合わせ
資料請求
お名前(必須)

お名前(フリガナ)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。
お問い合わせ内容
※2500 文字以内でお願いします

「資料請求」を選択されたかたはご記入をお願いいたします。

郵便番号

ご住所

TEL

よろしければアンケートにもお答えください。

アクセスのきっかけ
検索エンジン
いい家ネット
チラシ
建築現場看板
知人からの紹介
弊社社員の紹介
その他
アクセスのきっかけ(その他)

アクセスした理由
建築の参考のため
リフォームの参考のため
その他
アクセスした理由(その他)

新築・リフォームのご予定があるかたはお答えください。

建築時期
半年以内
1年以内
2年以内
2年以上
建築内容
新築
建替え
リフォーム
希望のタイプ
単世帯住宅
二世帯住宅
建物階数
平屋
2階建
3階建

お客さま情報

性別


年齢

ご職業

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

お問い合わせありがとうございました


お問い合わせありがとうございました


トップページに戻る



▲このページTOPへ
img_contact.gif